難しすぎる!リネアストリアのキューブウィッグ着用レポ

20170303-01-01

今回はリネアストリアの中でも人気No.1のキューブウィッグ「キューブウィッグゆるウェイブ」をご紹介します♪
キューブウィッグと言えばリネアストリア、というくらいリネアストリアならではのウィッグですよね。つけ方もまとめてレポします!

その前に、このキューブウィッグゆるウェイブの感想を言いますと

 

「難しすぎる!!」

 

…というものです(汗)
キューブウィッグという新感覚のジャンルのウィッグに苦戦しながらも、着用方法とその感想を私なりにレポしました!どうぞご覧ください♪

 

キューブウィッグゆるウェイブを選んだ理由

20170303-01-02

私がキューブウィッグを買った理由、キューブウィッグゆるウェイブを買った理由はいくつかあります。

  • キューブウィッグに興味があったから
    (つむじは地毛、ハーフウィッグより境目がなく自然と聞いてどんなウィッグなのか付けてみたかった)
  • ゆるいウェーブのかかった髪形がナチュラルで好みだったから
  • レビューの印象が良かったから
    (とにかく「自然」という声が多かった)
  • 黒髪があったから
    (私の地毛は黒髪なのでナチュラルブラックをチョイス)
  • 耐熱ウィッグだったから
    (最後にコテやアイロンで整えるので耐熱ウィッグでないと困る)

価格は4838円と激安ウィッグの価格帯に比べたら高額なウィッグなのですが、価格に見合ったもしくはそれ以上のクオリティがあるものだと期待しながら購入しました。つむじが地毛で自然と聞いたらその自然さを想像せずにはいられません!

 

キューブウィッグの扱いはフルウィッグと一緒!?

今回は午前中に注文して時間指定をし、指定した時間に届けてもらいました。ちなみに届いたのは翌日です。送料は無料でしたよー。

 

20170303-01-03

こんな感じで届きます。触ってみると、フルウィッグを買った時と同じ箱が入っている手触りがする…!

 

20170303-01-04

開封すると、キューブウィッグが入っている箱とフリーペーパーと冊子、ウィッグが届いた時の注意書きが書かれた紙が入っていました。領収書は頼んだので付いています。

 

20170303-01-05

箱を開けるとこんな感じ。箱の色が違うだけで、扱いはフルウィッグとほぼ変わりませんでした。(フルウィッグ→ピンク、キューブウィッグ→ブルー)
やっぱり、それだけ頭を覆う面積が多いからでしょうか。

 

『透明な糸』にハラハラ!キューブウィッグを眺めてみた

それでは、キューブウィッグゆるウェイブを見ていきましょう♪
まず目が行ったのがこの

 

20170303-01-06

透明な糸。黒いリボンは付ける時に外します。
この透明な糸で固定をするのですが、透明な糸だから頭に馴染んで見えるという利点もあるけれど、この細い糸が誤って切れてしまったら大変だ…と思いながらウィッグを触っていました。

 

20170303-01-07

さて、キューブウィッグゆるウェイブの全体像です。結構毛先がはねている印象なので、付ける時は巻かないといけないなと思いました。

 

20170303-01-08

横から。そんなにテカリは感じませんでした。

 

20170303-01-09

後ろからはこんな感じ。まぁウィッグの髪質ではあるのですが、やっぱりリネアストリアのウィッグの髪質はサラサラで絡みも少なくていいですね。

 

20170303-01-10 20170303-01-11

このぱっちんクリップとコームで固定します。

 

20170303-01-12

上から見るとこんな感じ。このウィッグのつなぎ目は全部地毛で隠れてしまいます。

 

キューブウィッグの着用方法

それではまず、キューブウィッグの着用方法をご説明しますね。

① 着用前はこんな感じ

20170303-01-13

 

② キューブウィッグから出す地毛をてっぺんでまとめ、サイドの髪を残して後ろの髪を三つ編みでしばる

20170303-01-14

 

③ 三つ編みをまとめる

20170303-01-15

クロスさせて留めるとしっかり固定されます。ウィッグネットを付けずに地毛をキューブウィッグの中に収めるので、三つ編みの根元はたるんでいない方がいいです。

 

④ キューブウィッグの前側を地毛に合わせてぱっちんクリップで留める

20170303-01-16

 

⑤ 両サイドもぱっちんクリップで固定する

20170303-01-17

 

⑥ キューブウィッグの中に地毛を収めてコームで固定する

20170303-01-18

ウィッグネットがないので、三つ編みがゆるかったら地毛がうまく収まりません。私はまずここで苦戦しました。

 

⑦ てっぺんでまとめていた地毛をおろし、コームを使ってウィッグとなじませる

20170303-01-19

 

⑧ 手ぐしやウィッグ用ブラシ、ヘアアイロンやコテを使ってウィッグを整える

20170303-01-20

今回は手ぐしとブラシだけでまとまったので、ヘアアイロンやコテは使いませんでした。

 

⑨ 完成!

20170303-01-21

いかがですか?説明だけだとスムーズに行ったようですが、てっぺんの髪がうまくなじまず、ぴょんぴょん飛び出してしまいました…。

 

感想&結論!諦めるか練習するかはあなた次第

それではリネアストリアのキューブウィッグゆるウェイブの感想&結論をご紹介します。

こんなイメージになりました。いかがでしょうか?

 

20170303-01-22 20170303-01-23 20170303-01-24

 

20170303-01-25

横から。

 

20170303-01-26

後ろから。

 

20170303-01-27

つむじ周りを見下ろすように。

 

20170303-01-28

後ろからも見下ろすように。

 

良い点

■やっぱりつむじが地毛なのは自然に見える
■ナチュラルなウェーブが可愛い、誰にでも似合いそう

気になる点

■着用が難しい
■地毛とウィッグの毛質が違いすぎたら(パサつきやツヤなど)不自然に見える

感想&結論

20170303-01-29

感想としては

 

「着用が難しすぎる!ここまで苦戦するなら私はフルウィッグ派だな」

 

ですね~。

 

キューブウィッグはとにかく着用が難しかったです。何度も練習をしたのですが、なかなかコツをつかめずキューブウィッグと地毛との境目がきれいになりませんでした。
私は正直、ここまで頑張ってもうまく着用できないのならフルウィッグをすっぽりかぶった方が楽だなと思いました。価格もフルウィッグの方が安つくこともありますし、自然なフルウィッグもありますし。

なので思ったのは、私のように苦戦した結果フルウィッグなど別のウィッグにシフトチェンジするか、それともコツをつかんできれいに着用できるまでキューブウィッグを練習するかの2択に分かれるんじゃないのかな?ということです。
どちらもいい点があると思うので、あなたはどちら派?と言ったところでしょうか。

 

でもウィッグの質としてはさすがリネアストリアという感じで、多少の絡まりはありましたが、酷いテカリもなく髪もサラサラで、ウィッグとしての問題はありませんでしたよ。透明な糸もしっかりしていて切れるような心配もありませんでしたし。髪型も可愛かったです。

 

キューブウィッグは着用という面でとても好みの分かれるウィッグだと思いました。
あなたはいかがですか?
ウィッグにもいろんな種類があります。あなたの着用しやすいウィッグというものを探してみるのもいいかもしれません♪

読者のみなさんが選んだ通販ウィッグ店は?

◆リネアストリア(Linea-Storia)
可愛くて自然!特につむじが自然です。天使のウィッグ、フルウィッグ、ポイントウィッグなど多くのウィッグが揃っています。実際のレポはこちら


◆アクアドール(Aquadoll)
黒髪が特に自然!ヴィーナスウィッグ、フルウィッグ、ポイントウィッグなど多くのウィッグが揃っています。実際のレポはこちら


私のおすすめ通販ウィッグ店&自然なウィッグ

◆ウィッグの通販店ランキング
ウィッグの通販店のランキングを作りました!
結局どこが一番良いのか結果はこちら

◆結局自然なウィッグはどれ?
一番自然なウィッグを遂に見つけました!
どれが一番自然なウィッグなのか結果はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です