3分で分かる!ウィッグの蒸れ対策やずれ防止方法とは?

20151206-2-01

ウィッグは髪形を変え、自分をより素敵に見せてくれるアイテム。そして気持ちまで明るくしてくれるアイテムです。それはあなたも知っていると思いますが、分からないところも多くありますよね。その中でも特にフルウィッグをかぶる時のことって、分からないことだらけじゃないですか?

私も初めてフルウィッグをかぶった時、分からないことだらけだったんですよ。かぶり方はもちろんなんですが、「蒸れたりしないの?」とか「ずれないの?」とかが、特に分からなかったです。実はこれらの疑問って、私自身も分からなかったし、周りからもよく質問されるんですよね。

なので、今回はフルウィッグをかぶった後の状態について、私の体験を基にお話ししようと思います!あなたが今疑問に思っていることや分からなくて不安になっていることが、これを読んで解消されたら嬉しいです♪

 

フルウィッグをかぶった後の蒸れ対策・ずれ防止などの疑問を解決☆

20151206-2-02

それでは、フルウィッグをかぶる時の疑問点を種類ごとにわけて解説していきます。分からないことは一緒に解決していきましょう♪

 

フルウィッグって蒸れるの?

ウィッグは蒸れないことはないです、つまり蒸れます。でも対策はたくさんあります!「蒸れたな」と一番感じる時は、ウィッグを外した時。ウィッグの内側が湿っぽいのが分かります。特に長時間かぶっているとよく分かりますね。そんな時、私はまず丸めた新聞紙をウィッグに詰めて湿気を取ります。短時間でカラカラになっていますが、このまま一晩放置しておいても構いませんよ。時間のない時でも、少しの間でいいので新聞紙で除湿をすることをお薦めします。

また、ウィッグスタンドにしばらくの間かけておく、という方法もあります。新聞紙よりも時間はかかりますが、通気性が良いのでこちらもお薦めですよ。個人的には、丸めた新聞紙で除湿をするのが一押しです。とっても簡単ですからね☆

 

フルウィッグをかぶっているとずれたりしないの?

ズレません!ただしずれないためには、条件があります。それはウィッグネットをちゃんとかぶることです!逆に言うと、ウィッグネットをかぶらなかったらずれます。それくらいウィッグネットは大事なものなんですよ!ちょっと話が横道に逸れますが、ウィッグネット自体がずれてくるということは時々あります。特にえりあし側が上に上がってきやすいです。

そんな時はえりあしの毛をヘアピンで留めて固定すると、ヘアピンがストッパー代わりになって、ずれてくるということが格段に減りますよ!えりあしから地毛がはみ出てくることの防止にもなりますしね。

 

フルウィッグをかぶっていたら頭が重くないの?

そんなことありませんよ!重いなんて感じたことありません。これは結構周りから聞かれることなんですよね。当の本人は重いだなんて感じたことがないので、聞かれるとびっくりします(笑)

フルウィッグを持ってみたらお分かり頂けるかと思いますが、とても軽いです。髪の長さは関係なく軽いです。もしあなたが「フルウィッグをかぶった時、頭が重かったら嫌だな…」と、重さで買うのをためらっているのであれば、全然気にしないでください!私が大丈夫だと保証しますよ!

 

フルウィッグをかぶっていたら頭が痛くならないの?

これはですね…実はちょっと痛くなります。ですが「頭が痛くなるからという理由で、フルウィッグをかぶってお出かけできないなんて嫌だ!」と思っていたので、解消法をいろいろと試してみました。結果、「頭は多少痛くなるけれど、半日以上かぶってのお出かけは余裕でできる」という結論までたどり着いたんですよ!その解消法、対策をご紹介しますね☆

■ウィッグネットをよく伸ばす
ゴムのところで頭を圧迫しないようにするためです。伸ばしすぎると今度は逆に伸びきって使えなくなってしまうのでご注意を。

■ヘアピンを押し込みすぎない
地毛がはみ出てくるのを押さえる時に使うヘアピンのことです。ここでヘアピンをぐっとしっかり押し込みすぎると、毛が引っ張られて痛くなるので力加減に気をつけましょう。

■少しずつかぶっている時間を長くしていく
フルウィッグを初めてかぶった日に6時間お出かけしたりするのはちょっとお薦めできません。最初は2~3時間ぐらいから始めて、フルウィッグに慣れるのが長時間かぶっていられる近道です。

■極めつけ!痛みのピークは大体5時間後
私見ですが、フルウィッグをかぶっていて「頭が痛い」と感じるピークはかぶり始めてから大体5時間後ぐらいです。その後は慣れてくるので、かぶり慣れてきたのなら5時間後という数字を覚えておいてはいかがでしょうか。

…と、「頭が痛くなる」などと怖いことを言ってしまいましたが、これらはよりフルウィッグを気持ちよくかぶっていられるための方法なので、痛みの程度は我慢できる範囲ですよ。ご安心を♪

 

ウィッグの蒸れ対策やずれ防止まとめ

20151206-2-03

いかがでしたか?フルウィッグに対する疑問や不安はいろいろあると思いますが、実際はどれも心配いりませんし、気になる点があっても対策はたくさんあるので安心してかぶることができるんですよ!

私も最初は上手にかぶって楽しくお出かけできるかどうかとっても不安でした。でもやってみると不安に思っていたことってそんなに大きな問題ではないんですよね。小さい問題点はありますが、それは逆に「じゃあどうしたらもっとフルウィッグを楽しんでかぶれるか?」という前向きなものに変わるんです。

あなたもまずはフルウィッグをかぶるところから始めてみてください♪少なくとも、この記事を読まれたあなたですからあっという間に不安は解消されるはずですよ!

 

 

読者のみなさんが選んだ通販ウィッグ店は?

◆リネアストリア(Linea-Storia)
可愛くて自然!特につむじが自然です。天使のウィッグ、フルウィッグ、ポイントウィッグなど多くのウィッグが揃っています。実際のレポはこちら


◆アクアドール(Aquadoll)
黒髪が特に自然!ヴィーナスウィッグ、フルウィッグ、ポイントウィッグなど多くのウィッグが揃っています。実際のレポはこちら


私のおすすめ通販ウィッグ店&自然なウィッグ

◆ウィッグの通販店ランキング
ウィッグの通販店のランキングを作りました!
結局どこが一番良いのか結果はこちら

◆結局自然なウィッグはどれ?
一番自然なウィッグを遂に見つけました!
どれが一番自然なウィッグなのか結果はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です