画像で解説!5分で出来るフルウィッグのかぶり方のコツとは?~初心者でも簡単に付けられる~

 

20171208-01-01

色んな通販サイトで比較検討して、ようやく届いた念願のウィッグ。

「かぶったらどんな感じになるかな?」「自分に似合うかな?」とワクワクドキドキですよね。

 

ですが…ちょっと待ってください。

 

フルウィッグのかぶり方って分かりますか?

 

私もそうだったんですが、何かを見ながらじゃないと分かりませんでした。

 

なので、今から私の経験を元にフルウィッグのかぶり方についてご説明します!ぜひ参考にしてみてください☆

 

ウィッグ初心者
フルウィッグをかぶる時いつもうまくいかないんです。髪の毛はぐちゃぐちゃになっちゃうし、つむじの位置はズレちゃうし…。
ほわほわウィッグマ
分かりますそれ!あるあるな話ですよね。私も色々やり方を試してきてみたんで、ちょっと見てみてください!

 

 

フルウィッグのかぶり方は分からないことだらけ!

20171208-01-02

私も最初はフルウィッグをかぶるのがすごく下手で、「もっと簡単にかぶれたらいいのになぁ」なんて思っていました。

 

つむじの位置はずれるし、位置を直しているうちにアジャスターが外れたり。髪もバサバサになって「あれっ前髪どこ!?」なんてこともしょっちゅう。

 

もっとフルウィッグについて何も知らなかった頃は、ウィッグをかぶる道具がいることも知りませんでした。

あとは地毛がロングなのにショートのフルウィッグをかぶるなんて、どうやってやるの?とかも分かりませんでしたし。

 

 

もしかしたら、読んでくださっている方の中には「分かる!」と思ってくださる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ではそんなかぶり方の謎や悩み、道具までご説明していきます♪

 

画像で解説!フルウィッグのかぶり方

それではフルウィッグをかぶってみましょう!画像付きで解説していきますね。

やり始めたら簡単です♪大丈夫大丈夫!

 

①ウィッグ専用ネットを首まで下ろす

まず、ウィッグをかぶる前に下の画像のようなウィッグネットをかぶります。ヘアピンも数本用意してくださいね。ネットの先を留めたり固定したりするのに必要です。

20151104-1-9

まず最初に。

 

ウィッグネットは必須です!

 

ウィッグネットがなかったらフルウィッグはかぶれません。と言っていいと思います。

 

ウィッグネットは単品で売られていることもあるし、基本的にフルウィッグを購入したらついてきます。(ついてこないお店もあるのでご確認を)

 

 

20171208-01-03

そしてそのウィッグネットを首まで下ろします。

髪が長い人は三つ編みを作ってクロスしてヘアピンで固定(クロスした方が後ろがボコってなりにくい)、髪が短い人はそのままで大丈夫です。

 

②おでこまでネットを上げ、髪の毛をネットですっぽり覆う

20171208-01-04

ゴムが付いている方を生え際にくるようにします。

もみあげやえりあしなど、地毛が出てこないように注意します。出てきちゃったら私はヘアピンで固定しています。特に髪の短い人は注意ですね。

ゴムはしっかりしているので生え際の方まで上げても大丈夫です。

 

すっぽり覆ったらネットの先を固定します。ウィッグネットをしばるか、前髪側にネットの先をぱたんと倒してヘアピンで留めるかのどちらかですね。

とにかく頭ががボコボコにならないよう、なるべく平らにすることがポイントです。ウィッグまでボコボコして見えちゃいますよ!

 

③ウィッグをブラッシングする

20171208-01-05

かぶる前にウィッグをブラッシングします。

 

ブラッシングは毛先から丁寧に!この段階で、アジャスターがちゃんと付いていることも確認します。

 

④ウィッグは前からかぶる!

20171208-01-06ウィッグの内側の前髪の端と端にある、出っ張った素材を持ってかぶると位置が合いやすいです。

 

⑤ウィッグネットに収まった地毛をウィッグに入れる

20171208-01-07

えりあしの地毛も忘れず入れましょう!数本残っているだけでウィッグだとばれちゃいますよ!

 

⑥ウィッグ全体を整える

20171208-01-08

特に前髪とつむじの位置ですね。あまり大きな動きはせず、少しずつ合わせていきましょう。

 

⑦できあがり!

20171208-01-09

ウィッグを手ぐしやブラシでなじませて、ウィッグの中に巻き込まれている髪を出してあげて、整えたら完成です☆

必要ならスタイリング剤やヘアアイロン、コテも使いますね。

 

まとめ

20171208-01-10

いかがでしたか?まずは今回のお話しのまとめをしたいと思います。

 

  • フルウィッグをかぶる時はウィッグネットは必須!それを留めるヘアピンも必要!
  • ウィッグネットをかぶる時はなるべく平らに!地毛がボコボコになるとウィッグまでボコボコしちゃう
  • ウィッグは前からかぶる!
  • 地毛が見えてしまわないよう気をつけて

 

こんな感じですね。とにかく、フルウィッグをかぶる時に言えることは

 

難しいと思っても、始めちゃえば簡単!

 

ということです。

 

ぶっちゃけ「慣れ」というのもあるんですが、かぶり始めてしまえばもうかぶるしかない!かぶった先にはウィッグでいい感じに変身した自分が待っている!…という感じです。

簡単に慣れていけますしね。楽しみながら身につけてみてください☆

 

私も相当かぶるのには苦戦しまくったし、コツを掴むまでには相当時間がかかりました。

 

文章と画像だけなんですが、これを読んでちょっとでもコツを掴んでもらえたり、フルウィッグのかぶり方の仕組みについて分かってもらえたら嬉しいなと思います!

 

ウィッグ初心者
確かにコツはいるかも。でもかぶり始めたら後は好きなウィッグをかぶるだけですもんね♪
ほわほわウィッグマ
そうですそうです。好きなウィッグのことを思って頑張ってください!いい感じに仕上がることを応援しています☆


ほわほわウィッグマ

【ハロウィンの仮装におすすめ:ブライトララ】


ブライトララは「とにかくハロウィンなどのコスプレにおすすめ」のウィッグ通販店です

特におすすめなのが、そのカラーです。どのカラーも徹底的にこだわっていて、ハロウィンの仮想でおすすめするNo.1通販店です。

オレンジ、赤、シルバーなどハロウィンの仮装で使いたいカラーならば全て手に入ります。また髪型もロング、ミディアム、ボブなど全てをカバーしているウィッグ通販店です。

ハロウィンの仮装を目いっぱい楽しみたいあなたにおすすめのウィッグ通販店です。

あ、もちろんコスプレ用以外のウィッグももちろんおすすめですよ!

 

・お店の10分レポはこちら

・ブライトララの色々なウィッグレポはこちら

 

↓実際にブライトララを見たい方はこちら


ほわほわウィッグマ

【私のおすすめ通販店1位:リネアストリア】


リネアストリアは「10代~20代には特におすすめ」のウィッグ通販店です

おしゃれを意識したウィッグが多く、つむじの自然さはNo.1です。またお求めやすい価格も私としては高評価です。

有名な天使のウィッグ、フルウィッグ、ポイントウィッグ、医療用ウィッグなど多くのウィッグが揃っています。

迷ったときはとりあえずリネアストリアを選べば間違いないです!

 

・お店の3分レポはこちら

・お店の10分レポはこちら

・リネアストリアの色々なウィッグのレポはこちら

 

↓実際にリネアストリアを見たい方はこちら


ほわほわウィッグマ

【私のおすすめ通販店2位:アクアドール】


リネアストリアは「10代~60代で自然なウィッグが欲しい女性におすすめ」のウィッグ通販店です

全体的に自然なウィッグが多く、特に黒髪の自然さはNo.1です。医療用ウィッグとして購入したい方にも非常にお勧めしたいウィッグ通販点となります。

有名なヴィーナスウィッグ、フルウィッグ、ポイントウィッグ、医療用ウィッグなど数多くのウィッグが揃っています。

特に自然なウィッグを求めている方は、迷わずアクアドールをお勧めします。

 

・お店の10分レポはこちら

・アクアドールの色々なウィッグのレポはこちら

 

↓実際にアクアドールを見たい方はこちら


ほわほわウィッグマ

【私のおすすめ通販ウィッグランキング】

20171213-01-01

ウィッグを100個以上購入した私が考えた「ガチのウィッグの通販店ランキング」をご紹介します。

可愛さ(おしゃれ度合い)、つむじの自然さ、髪の質、価格、コスパなど様々な観点で評価しています。実際に私が購入して、決定したガチランキングとなりますので、是非ともご覧ください。

 

・私のウィッグ通販店ランキングはこちら

ほわほわウィッグマ

【私の自然なウィッグランキング】

20171213-01-02

総額100万円以上ウィッグにかけた私が考えた「ガチの自然なウィッグランキング」をご紹介します。

価格、つむじの自然さ、紙質、おすすめの年齢など様々な観点から評価しております。実際に私が購入して決定したガチランキングとなりますので、是非ともご覧ください。

 

・私の自然なウィッグランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です